働く女のもろもろ

観光ガイド、今は事務職OLの割合が多くなっている女のもろもろ

今、戦争について考えてみる

隣の台湾が、何だかきな臭くなってきました。今年の2月から今も続いている、ウクライナ紛争と、今こそ平和について考えることの重要性を感じます。もっとも、1945年と2022年では世界が直面している問題、状況が違いますから、単純な比較はできませんが、戦争が起きるときは大抵、国が疲弊しかかっているときです。

 

ロシア

世界一の国土を持ち、産油国ではありますが、国土の大半は寒冷地であり、農作物が育ちにくい。そのため、穀倉地帯であるウクライナ支配下に置くことに、非常に大きなメリットがあります。また、ウクライナの港・オデーサはモルドバワインが出荷される港でもあります。

 

中国

ここもロシア同様、国土が大きい国。世界第4位。「世界の工場」で経済大国にはなったものの、自国で開発したものはほとんどなく、他国の技術をまねることで発展していった側面が大きい。日本以上の格差社会。日本のように社会福祉も発達していなくて、依然闇の部分が多い国。なぜ、香港と台湾を手中に収めたいかといえば、この二国は中国にとって金を生む国だから。特に台湾は世界の半導体のシェアをかなり占めています。

 

日本のように、四方を海で囲まれていると分かりにくい部分もありますが、そもそも世界史は攻防の歴史でもあり、経済的に弱ってくると、戦争が引き起こされることが繰り返されてきました。それに加えてトップが好戦的で独裁者だと、戦争に発展します。

 

戦争を回避する、止めるにはどうしたらよいか?特に核を相手がチラつかせたら?

明確な答えを出すのは難しいですが、よく議論の的になるのが、核武装するというものです。

 

つまり、核をチラつかせる国には核をもって対抗することは一理ありますが、これは大変危険であり、人類の滅亡を招きます。何より、人道上、絶対あってはいけないことです。日本は広島、長崎で経験している唯一の国であり、核の恐ろしさを知っています。なので、核の恐ろしさを語り継いでいく必要があります。これは日本にしかできないことです。

 

この世に人間が存在する限り、戦争がなくなることはありません。最良な方法として、悲しいことですが、戦争をする国に対して経済封鎖、ネットでの反戦を表明し続けるしかありません。