働く女のもろもろ

観光ガイド、今は事務職OLの割合が多くなっている女のもろもろ

書店の前を通ると夏休みの宿題を思い出す

夏休みの宿題で、良い思い出がないもの。まず、算数、中学に入ってからは数学の問題がたくさん書いてあるプリント。なぜなら、私は理数が苦手だったから。しかも、中学では先生が塾に対抗心を燃やし、これでもか!ってほどの問題を与えてくる。大量に問題を与えることの意義って何?という疑問が出てきます。数学が好きな人はそう多くはありません。そして、嫌いなものほど機械的にこなしてしまうので、力になっているかと言えば、そうではありません。頭が素通りして、身にならないことが多いです。なので、大量の宿題はあまり意味もメリットもありません。

そして、もうひとつ。読書感想文。読みたい本を自分で選ぶのではなく、決められた課題図書から。先生は夏休みだから良書に触れてほしいと思っているのでしょうけど、そもそも、気の進まない本を読ませて感想を書かせることに、どれだけの意義があるのか?また、課題図書に指定されている著作ほどつまらないものが多いです。すべてではありませんけど。

感想文を書くため、本を読み始めます。おもしろくないものは、最初の数ページだけでギブアップしかけます。そのうち、途中で寝てしまう。その繰り返し。これでは、なかなか読み終わらないのは当たり前で、見かねた母が「あとがき、解説を少し優しい言葉にして写しなさいよ!どうせ分かりゃしないんだから。」などと言われ、しまいには母に少し手伝ってもらったりして・・・。今から思えば、母には「ごめんなさい!」しかありません。

あれから〇十年。あの時より格段に暑い夏がやってきました。駅前の書店に並べられている課題図書を見るたびに、読書感想文の宿題を思い出します。すべてがつまらない本だとは思いませんが、はやり、自分が読みたいと思った本を読ませ、感想を書かせた方がよほど文章力や読解力の向上、情操教育の面では効果的です。

日本の子供たちの夏休みの宿題は少し多いのではないかと感じています。どっさりと宿題づけにするより、夏休みにしかできないことや遊びを多くして、創造性や情操を養う時間を多く与えた方がいいのではないでしょうか?夏に宿題でふうふう言っている子供たちを見ると、いつも思います。

以上、夏休みの宿題での思い出でした。全国のお子さまたちへ。宿題は早めに片付けて、残りは家族や友達との思い出作りに励みましょう。